案件獲得にも効果的!フリーランスエンジニアにおすすめの資格とは?

公開日:2023/09/01

フリーランスエンジニア

近年、コロナウイルスの影響や働き方改革に伴い、日本のフリーランス人口は増加しています。会社に頼らず、個人の力で活躍したいと考える方が増えたのも、フリーランス増加の要因の1つといわれています。今回は、そんなフリーランスの職業の中でも、フリーランスエンジニアにおすすめの資格や、資格取得で得られるメリットなどを紹介していきます。

フリーランスエンジニアの案件獲得に資格は有効

フリーランスエンジニアの中には、資格を取得していなくても活躍している方は大勢います。

それでも、フリーランスエンジニアで活躍するための秘訣として、資格を取得していることは、実際に有効といえます。以下でその理由を詳しく説明していきます。

自分のスキルを見てもらえる

自分がどれくらいスキルがあるのかを見てもらう際には、資格を取得しているというのが1番の証明となる場合が多いです。これは文書などで、自分のスキルを説明するよりも、資格を取得していることを相手に知ってもらった方が、納得もしてもらいやすく、信頼も得やすいからです。

同時にその資格取得に向けて、しっかり勉強したということも相手に伝わるので、相手によい印象を与えやすくなるはずです。

フリーランスエンジニアの資格取得のメリットは?

次にフリーランスエンジニアが資格取得していると、発生するメリットについて解説していきたいと思います。

たとえばフリーランスになったばかりで、定期的に案件をもらえていない状態の場合などは、資格を取得しておくとメリットになるケースが多いです。下記では、そんなメリットについて詳しく解説していくので、ぜひご覧ください。

判断材料になりやすい

フリーランスとして活動を始めたばかりだと、まだ実績がない場合が多いので、クライアント側もその人がどれくらい仕事ができるのか判断するのが難しいです。

資格を取得していれば、資格をその人の判断材料にすることが可能になるため、仕事を貰いやすくなります。

スキルアップにつながる

フリーランスエンジニアは、何より実力が試される世界です。そのため、資格を取得する際の学習で、自分のスキルを高められるのはメリットの1つといえるでしょう。

学習することで、さまざまな知識を身につけられるだけでなく、合格すれば自分の実績にもなるので、まさに一石二鳥となります。ちなみにフリーランスだと、資格取得にかかる費用なども、経費として計上できるというのも覚えておくとよいでしょう。

レベルの高い案件を獲得できる

資格を取得していることで、レベルの高い案件を獲得できるのもメリットの1つとなります。資格取得は、クライアントに自分のスキルをアピールできる材料にもなるので、相手側から信頼を得やすくなるというのもポイントです。

また、特定の資格を取得していると、その資格に合った案件を獲得しやすくなります。たとえば、PMPという資格を取得していると、プロジェクトリーダー向けの案件を勝ち取れる可能性が増えるので、フリーランスエンジニアにとって、資格取得はメリットが大きいといえるでしょう。

フリーランスエンジニアにおすすめの資格とは?

最後にフリーランスエンジニアにおすすめの資格を紹介していきたいと思います。エンジニア向けの資格というのは数多くあるのですが、その中でもとくにおすすめの資格は、下記のとおりとなっています。

Linux技術者認定

こちらの資格は、世界最大規模の資格となっていて、日本人の取得者も多いのが特徴であり、日本語で受験できるのもおすすめできる理由となっています。

Linuxは世界的に見ても高いシェアを誇るOSのため、需要が高く今後もLinux技術者認定は、重宝される可能性が大いにある資格となっています。ちなみに、こちらの資格は世界標準のLPICと日本独自のLinuCが選択できるので、自分に合った方を選択して、受験しましょう。

ITストラテジスト試験

こちらの資格は、ITの知識や技術を使い、経営コンサルの能力が問われる試験となっており、ITコンサルタント業務をする方におすすめの資格となっています。

試験内容としては論述式のものがあるため、ある程度の実践経験が必要となる試験となっています。

ORACLE MASTER

こちらは、日本でも高いシェアを誇るオラクルなので、フリーランスエンジニアとしても欠かすことができない知識が多く含まれているのが特徴です。オラクルは海外でもシェアがあるため、資格を取得すればグローバルな活躍も期待できます。

ちなみにこちらの試験は、Bronze、Silver、Gold、Platinumの4段階を順番に受ける必要があるので、ぜひ最後のPlatinumまで、取得できるようにチャレンジしてみてください。

まとめ

今回は、フリーランスエンジニアが資格取得するメリットや取得する際のおすすめの資格などを紹介してきました。エンジニアは、人材不足やIT業界の発展などにより、将来的が非常に高い職業となっています。そんなフリーランスエンジニアの将来性をさらに自分で高めていくためには、スキルアップしていく必要があります。スキルアップしていくことで、周りと差別化できるので、案件を獲得しやすくなります。そのためにも今回紹介した資格の取得が重要になってくるのです。なので、フリーランスエンジニアを目指している方やスキルアップを望んでいる方は、ぜひ紹介した資格を取得することをおすすめします。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報