需要拡大!プロンプトエンジニアリングとは?

公開日:2023/09/15

プロンプトエンジニア

プロンプトエンジニアリングを知っているでしょうか。プロンプトエンジニアリング、この名前だけを聞くと、とても難しいように感じます。今回は、そんなプロンプトエンジニアリングについて知っていきましょう。詳しく知ることで、プロンプトエンジニアリングの重要性も見えてきます。

AIモデルの指示を最適化!プロンプトエンジニアリング

プロンプトエンジニアリングは、チャットGPTなど、AIから、最適な答えを引き出すエンジニアのことをいいます。エンジニアなので、言語を使用してプログラミングを行うかと思いきやそうではありません。プロンプトエンジニアリングとは、IT業界で働いていくうえで身に付けたいスキルなのです。

たとえば、何の知識もない人がチャットGPTを使用すると、思った回答が得られないという事態に陥ります。そこで活躍するのがプロンプトエンジニアリングです。プロンプトエンジニアリングの的確な指示で、最善の答えを導き出すことができるのです。そうすることで、今後に生かす回答を得ることができます。

プロンプトエンジニアリングは、近年注目され始めたスキルなので、まだ、競争が激しい分野ではありません。ですが、プロンプトエンジニアリングは、今後必ず市場を伸ばしてきます。よい技術があっても、それを使用する人に、使う力がなければ意味がありません。

プロンプトエンジニアリングを職業としている人の中には、年収5,000万円という契約のもと、雇用されている人もいます。その給与を出すということは、それだけ価値があるスキルなのです。

ですが、このスキルには、技術を認定するようなものがありません。個々で技術が異なるので、雇用側はそれを踏まえて採用する必要があります。AIのことをよく知っている人材や、その業界にいたことがある人、求人条件はさまざまですが、過去の経験は一切問わないという求人もあります。

そうなってくると、稼ぎたいと思う人からも注目の求人になります。

また、求人以外には、プロンプトの売買という方法もあります。優れたプロンプトを売買できるサイトもあるので、そこから購入する人もいます。

プロンプトの売買で購入してしまうと、プロンプトエンジニアリングは必要ないかと思ってしまいますが、売買されるもとをつくれるのは、プロンプトエンジニアリングなのです。

プロンプトエンジニアリングの役割と重要性を解説

プロンプトエンジニアリングは、AIがより効率的に作業をおこなえるようにし、精度が高く、望む結果がでることが重要になります。優れたプロンプトをつくる、それがプロンプトエンジニアリングの役割であり大切なことなのです。

これから拡大していくであろうプロンプトエンジニアリングを学びたいと、多くの人がそのスキルを欲しがります。そこで活躍するのがプロンプトエンジニアリングの講座です。講座としても、プロンプトエンジニアリングは活躍できるのです。

プロンプトエンジニアリングは、最近できた言葉ですが、ITや、AIがこれからどんどん発達、発展していく中で、プロンプトエンジニアリングもさらに重要なポジションに変わっていきます。未来を見越して、プロンプトエンジニアリングという働き方もあると知っておくとよいでしょう。

代表的なプロンプトを一部紹介!

プロンプトはさまざまな型のものがありますが、まず初歩的なものとして、Zero-shot promptingと、few-shot promptingがあります。Zero-shot promptingは、事前情報を与えずに答えを導き出す方法です。

大量のデータでトレーニングされているモデルであれば、正しい回答を得られます。Zero-shot promptingで回答が得られない場合には、few-shot promptingを使用します。few-shot promptingは、事前に例を学習させ、回答を導き出します。

もっと複雑になってくると、応用のプロンプト型を使用します。そのほかに、敵対的なプロンプトや、プロンプトインジェクションを活用する方法があります。

プロンプトの使い方によっては、よくない結果を引き出してしまうため、その点は注意が必要ですが、プロンプトをうまく活用することで、とてもよい結果を得ることができるのです。

プロンプトエンジニアリングは海外でよく目にしますが、プロンプトエンジニアリングガイドが作成されるなど、日本にも浸透しつつあります。今後の日本のITの発展にもプロンプトエンジニアリングは一役買ってくれるのではないでしょうか。

まとめ

プロンプトエンジニアリングはプロンプトを作成し、AIから最適な答えを導き出すエンジニアのことです。AIにむやみやたらに、質問してもよい回答を得られません。プロンプトエンジニアリングがその点を補い、最高の回答を得る手伝いをしてくれるのです。プロンプトエンジニアリングは、近年できた職種でもあります。今後さらに、活躍を期待される職業です。現在では、高いところで、年収5,000万円という、信じられないような給与で活動できるのです。プロンプトエンジニアリングには資格も今は必要ないため、未来を見越して、候補として最適の職種といえます。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報