フリーランスエンジニアはどのように案件を獲得する?獲得におけるポイントと注意点を解説

公開日:2023/07/19


フリーランスにはなったけれど、どうやって案件を獲得したらいいか分からないとお悩みではありませんか。案件が取れず稼げないとお悩みの方も多いことでしょう。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、案件獲得の方法やポイントを紹介します。この記事を最後までお読みいただければ、あなたの案件獲得率は劇的に向上することでしょう。

フリーランスエンジニアの案件獲得方法

フリーランスが案件を獲得するにはいくつかの方法があります。ここでは、さまざまな案件の探し方を紹介していきます。

クラウドソーシングで案件を探す

多くのフリーランスが最初に利用するのがクラウドソーシングです。多くの案件が掲載され情報も随時更新されるため、さまざまな案件から対応できる案件が探せます。

クラウドソーシングでは、単価・納期・内容・報酬などが明確に記載されており、案件内容が明確です。多くのフリーランスがクラウドソーシングから仕事を始めています。一方、案件に当選しなければクライアントと繋がれないため、実績が少ないうちは、なかなか案件が獲得できない場合があります。

SNS経由で案件を紹介してもらう

SNSを活用することで、自分の存在をアピールでき、案件を紹介してもらう確率が高まります。物理的にはなかなか会えない人でも、SNS上であれば世界中の人と繋がることが可能です。自分を見つけてくれたクライアントや知り合いになった相手から案件をもらえることが大きなメリットです。

逆にこまめに発信しないとまったく目立たず、なかなかクライアントに見つけてもらえない場合があります。

転職サイトで探す

転職サイトの中には、フリーランスエンジニアを募集しているものがあります。どんな求人があるか把握するにはよい媒体といえるでしょう。転職サイトであれば「未経験歓迎」「学歴不問」など条件を絞った検索ができるため、エンジニアの転職市場を知り、希望の求人を探すことが可能です。

しかし、自分から行動することが前提のため、案件探しが待ち受けになりがちな人は、希望の仕事が見つかるまで時間がかかる場合があります。

クライアントに直接営業する

企業のホームページにある問い合わせフォームから直接営業をかけて仕事をもらう方法があります。自分のポートフォリオを添付してメールを送る方法です。案件を探す手間が省け、すぐに案件を獲得できる可能性があります。単価についても自分で交渉するため、高単価で受注できる可能性が高まります。

欠点は、直接自分を売り込むからには、営業力やコミュニケーション力が必須となります。安易な気持ちで営業すると、逆に印象が悪くなる場合があります。

友人・知人に紹介してもらう

友人や知人などから、案件を紹介してもらうことも有効な方法です。フリーランスとして働いていることを伝え、自分がどんな仕事をしているかを知ってもらうことが重要です。友人や知人からの紹介は、自分に合った案件を紹介してくれるため、好条件や高単価の仕事をもらえる可能性があります。その分、相手が知人であるために、単価交渉しづらい場合があります。

案件獲得におけるポイント

フリーランスがスムーズに案件を獲得するためには、知っておくべきポイントがあります。ここでは、案件獲得におけるポイントを紹介します。

経験やスキルを明確にする

案件を獲得するためには、経験やスキルを明確にしておくことが必要です。自分の売りを明確にクライアントへ伝えることで、条件のよい案件が獲得できます。

ポートフォリオで実績をアピールする

案件を確実に獲得するためにポートフォリオは欠かせません。ポートフォリオには、経歴・スキル・過去の制作物・将来のビジョンなど記載するとよいでしょう。

営業力を磨く

フリーランスにおいては、自分を売り込む営業力は必須のスキルです。営業力を高めることで、クライアントの要望を正しく理解し、適切に提案することが可能になります。

継続案件を獲得できる対応を心掛ける

安定した収入を得るためには、継続案件を獲得することが大切です。返信をきちんとする、納期を守るなど、丁寧な対応の積み重ねが確かな信頼を得る方法です。

業務委託契約における注意点

フリーランスの中には、業務委託契約を結び、業務をおこなっている人が多数存在します。ですが、契約内容をよく理解せず、トラブルに巻き込まれるケースも散見されます。ここでは、業務委託契約の注意点について解説します。

契約の内容をチェックする

業務委託契約は実態により、請負契約・委任契約・準委任契約・派遣契約それぞれに評価が分かれます。

業務委託契約書を交わした際には、以下のいずれかの契約に該当する可能性があります。

・請負契約

請負契約とは、一方がある仕事を完成させ、相手方がその仕事の結果に対して報酬を支払う契約のことをいいます。

・委任契約

委任契約とは、一方が法律行為することを相手方に委託し、相手方がこれを承諾する契約のことをいいます。

・準委任契約

準委任契約とは、法律行為ではない事務を委託する契約のことをいいます。

・派遣契約

派遣契約とは、労働者と雇用関係を結び、他人のために労働に従事させる契約のことをいいます。

納品物の納期をチェックする

納期について、いつまでに成果物を納品するのかが具体的に記載されているかをチェックすることが重要です。

報酬をチェックする

報酬に関する以下の事項が明確に記載されているかチェックすることが重要です。

・具体的金額、金額の計算方法
・支払時期、支払方法
・業務遂行にかかる費用負担

再委託することを認めるか否かをチェックする

委託先がさらに委託することを「再委託」といい、フリーランスではよく見られる形態です。契約書に再委託を認めるかどうかが明記されているかもしっかりチェックしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はフリーランスの案件獲得方法、獲得におけるポイントと注意点について解説しました。案件獲得の方法はいくつか存在し、自分に合った方法で取り組むことで、安定した受注を続けられます。

また、案件を獲得するためには、ポートフォリオの充実や高い営業力も重要です。さらにトラブル防止のため、業務委託契約を細かくチェックすることも大切です。案件獲得でお困りであれば、この記事にあることを踏まえたうえで行動してみてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報